MENU

有酸素運動が脂肪を燃やすのに効果的

何年か前に有酸素運動がブームになりました。

 

有酸素運動とは、体に酸素を摂りながら、体内の脂肪を燃焼させる運動のことをいいます。
反対に無酸素運動という言葉もあります。

 

有酸素運動がマラソンなら、無酸素運動は重量挙げのような筋トレが近いでしょうか。

 

これは、酸素が体内にたくさん入ると脂肪が燃焼しやすくなるため、健康にもダイエットにも効果的だと言われている運動です。

 

ウォーキング、ジョギングやエアロビクスがこの代表で激しい運動は長時間続かず、息切れしたり疲れてしまい、ダイエットに効果的だとは言えません。

 

もちろん慣れている人は簡単なことですが、普段あまり運動をしない人達には絶対に続けられません。
そのような人たちは、有酸素運動を無理なく続けることによって、脂肪が燃焼しダイエットにつながっていくのです。

 

しかし、実際運動しながら意識して呼吸をすることは結構難しいんですよね。

ダイエットやエクササイズは、有酸素運動から!

ダイエットに運動を取り入れるなら、まずはやはり有酸素運動からはじめる事を続けやすくて良い方法のようです。

 

痩せるための運動は何種類かに分けることができて、筋肉を鍛える方法・有酸素運動で脂肪を燃焼する方法などがあります。

 

どちらからはじめたら良いかは迷う方も多いでしょう。

 

あえて有酸素運動からはじめるのは、普段から運動習慣がない人が最初から激しい運動をしてしまうと続かないという理由からです。
どちらの運動もしっかりやれば効果はありますが、続けやすいという意味から有酸素運動から入ると、痩せるための運動習慣が身に付き良いでしょう。

肥満体系の人ほど有酸素運動が良いらしい

また、有酸素運動は内臓脂肪型の肥満の人こそ早く効果が出やすいそうです。

 

女性に多い皮下脂肪型は脂肪が減るまで多少時間がかかりますが、男性に多いお腹周りに脂肪が多く付いている場合は早い段階から効果が見えて、モチベーションもアップしやすいのです。
内臓脂肪は付きやすい代わりに取れやすい特徴も持っており、有酸素運動をすれば血液を通して脂肪が排泄され、早くに効果が発揮できるというわけです。

 

そのほかの理由としては、食後に有酸素運動をするとそのときに血液中の糖質がエネルギーとして利用されるため、食後の血糖値を上げにくい効果が期待できます。

 

血糖値が上がればインスリンが多く分泌されて、このホルモンが余った糖質を脂肪として蓄えるために働いてしまいます。
しかし、運動で血糖値の上昇を防げば、これから付く脂肪を予防する事もできるのです。
女性の場合は有酸素運動ではあまり効果が現れにくいと説明しましたが、血糖値をコントロールすれば現状維持しやすいという意味でもおススメできるため、是非取り入れてみましょう。

無理な方法でなく呼吸が大事!?

最初はリズムよく呼吸出来ていても、体が疲れてくると息切れしたり・・・ちょうど長い階段を上っているような感じになってしまうと思います。

 

上るにつれて、ゼーゼー、ハーハー言ってしまいませんか。どうしたら有酸素運動が出来るでしょうか。

 

それには、息を吐くことを意識すると良いと聞いたことがあります。
息をたくさん吐けば、必ずたくさん吸いますよね。それで効果的に酸素を取り入れることが出来るのです。

 

一時期話題になったロングブレスダイエットも、しっかり息を吐くことが基本です。

 

たくさん息を吐いて、たくさん息を吸って体内に酸素を取り入れて、効果的な有酸素運動をして憎い脂肪を燃焼させましょう。
呼吸を意識してウォーキングするのも、ただ歩くより効果があるそうです。

 

有酸素運動は1日30分程度は続けなければ効果がないという考え方もあれば、連続でなくても30分以上続ければよいという見解もあるみたいですが、本当にダイエットするなら1時間くらいは続けて行いたいですよね。

 

雨の日や雪の日も室内で有酸素運動する週間をつけるならダイエット器具がおすすめ
人気のエクササイズマシン通販情報 | ダイエット比較BT-Style